• 【住宅ローンの審査が通らない】理由は知らない間にブラックリストに…誰もがはまりかねない金融事故の体験談

【住宅ローンの審査が通らない】理由は知らない間にブラックリストに…誰もがはまりかねない金融事故の体験談

体験談
この記事は約 3 分で読めます ( 約 1658 文字 )
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • feedly
  • LINEで送る
住宅ローンの審査が通らない!知らない間にブラックリストに

住宅ローンの審査が通らない!知らない間にブラックリストに

今回は知らない間にブラックリストになっていて住宅ローンの審査が通らなかった「知人」の話です。理由は意外なことでした。ひょっとしたらあなたもこんな金融事故にあうかもしれません。さてどんな理由でブラックリストになってしまったのでしょうか?


知らない間にブラックリストになっていました

 

原因はポケットWi-fi。

23歳の時、ポケットWi-fiが流行っており、気軽に申し込みをしました。当時、スマホが出始めたばかりでパケ放題にするよりポケットWi-fiの方が早いし安いという利点がありました。

約2年ほど使ったと思います。その2年の中で2度引っ越しをしました。この”引っ越し”がブラックリストになってしまった真の原因でした。

理由は以下です。

  • 引っ越すと同時にポケットWi-Fiは解約したと”思い込んでいた”
  • 契約が続いていたのに引っ越してしまい、支払いが滞っていることが気付かなかった
  • 前の住所にポケットWi-Fiの会社は督促状を送っていたため私の手元に届かなかった
  • ポケットWi-Fiの会社は督促状を送るだけで電話をかけて催促することはなく、結果、滞納し続けることになり金融事故が発生した
滞納があるとわかったのはそれから5年後でした。住宅ローンを組む際、銀行から”まだ滞納が残っている案件がある”と伝えられて事がきっかけで発覚したのです。

 

ブラックリストの原因を色々調べました

 

信用情報機関(CIC,JICC,KSC)から全て情報を開示しましたし、銀行にどの案件が滞納しているのか窓口で何度も聞きました。

しかし、2度、3度調べても何が滞納しているのか全く分かりませんでした。最終的に弁護士にも相談しようと色々調べたのですが、民事に関することは介入することが出来ないと言われ、頼ることが出来ませんでした。

この問題に費やした期間は半年ぐらいでしょうか。夢のマイホームを手に入れるためにワクワクしながら計画を進めていたのに何が原因かもわからない”壁”のせいで一戸建てを諦めようとしていました。その時は、傷心し夫婦での喧嘩も絶えませんでした。

しかし、ようやく手掛かりが見つかったのです。ある携帯ショップの窓口で。
私はその手掛かりをつかめた瞬間の気持ちを忘れることはないと思います。本当にうれしく、「これで住宅ローンが通るかもしれない!」と気分が晴れやかになりました。

 

なぜ、ある携帯ショップで手掛かりが見つかったのか

 

それは、ある携帯ショップの店員さんに、滞納があるがどの請求を滞納しているのか分からないので過去の電話番号を調べてほしいと伝えたことで発覚します。

過去の電話番号を全て調べてもらいましたが滞納はありませんでした。

見つからずに落胆していると、「架空で新規の契約をしてみましょうか?」と一言店員さんが。新規の契約をすると審査がかけられ、原因が特定できるかもしれないと伝えてくれたのです。

最後の望みだとその瞬間思いました。

架空で新規の申し込みをしてみると、「確かに滞納がありますね」と。ここで原因が“携帯”であることがつかめました。

さらに、「B社の方で何か滞納が残っているようです」と助言を頂きました。

 

やっと滞納の原因が分かった!

 

これまで何度もスマホを機種変しているB社。滞納があるのに機種変がなぜ出来るのだと思いながらもB社に行き事情を話し、詳細を調べてもらいました。

そこでポケットWi-Fiの滞納が発覚したのです。

これまで信用情報に滞納の情報が出なかったのはポケットWi-Fiに専用の電話番号が振られていたから。

個人信用情報機関は“電話番号”で照合します。ポケットWi-Fiの電話番号なんて振られていることも知らなければ何番なのかもわかりませんでした。

すぐに請求書を発行してもらい返済しました。金額は4万円弱だったと思います。

この半年間は本当に地獄でポケットWi-Fiの支払いをちゃんとしなかったことを今でも悔やんでいます。

しかし、しっかりと解決するところまで行動できて良かったと思います。おかげで一戸建てを手にすることが出来ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • feedly
  • LINEで送る
  • コメント
  • トラックバック
コメント
コメントを表示
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

トラックバック
トラックバックを表示
トラックバックURL