• 歯科衛生士が一生涯役立つ職業の理由【持っておくべき資格】

歯科衛生士が一生涯役立つ職業の理由【持っておくべき資格】

仕事
この記事は約 3 分で読めます ( 約 1275 文字 )
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • feedly
  • LINEで送る
歯科衛生士は一生涯役立つ職業

歯科衛生士は一生涯役立つ職業

歯科衛生士の求人の多くは、街中でよく目にする一般開業医院(世間でいう歯医者さんや歯科医院)です。

求人のほとんどが医院の働きやすさについてアピールしていますが、共通する事柄には、歯科衛生士にとってのメリットも多々存在します。

今回は、歯科衛生士が最も多いとされる一般開業医院を目安に、それぞれの項目について詳しく述べていきます。


歯科衛生士の求人や職場環境について

1.安定した勤務時間

比較的、診療時間を朝(9:00頃)から夕方や夜(17:00~20:00)に設定し、木/日/祝を休診日としているところが多いですが、注目すべきは「残業の有無」です。

歯科衛生士の求人サイトをみると、ほとんどの歯科医院が残業をなしとしており、実際に現役である妹も今まで残業というものを経験したことはないそうです。(勉強会やミーティングは別です。)夕食の買い物や飲み会など、仕事終わりに予定を立てやすいので非常に助かっていると言っています。

また、パート勤務も積極的に募集されるのも、この職業ならではだと思います。

2.歯科衛生士の給料相場

歯科衛生士ってどんな資格?給料相場や就職率は?」の記事でもお伝えしていますが、歯科衛生士のお給料の相場は、女性の職業としてみた場合ではそれほど低くはありません。

 

むしろ、無資格の職業に比べればかなり余裕のある数字ではないでしょうか。
一人暮らしであれば問題なくできますし、残業がないメリットを利用して、副業で更に収入を得るという方もいます。

「とりあえず自立した生活を送りたい!」という方にはピッタリの職業だといえますね。

3.歯科衛生士はブランクがあっても再就職しやすい

歯科衛生士の人材不足も理由の一つではありますが、診療方針をはじめ、治療に使用する材料や道具、順序においても歯科医院によってやり方は様々です。

そのため、どんなに長期間同じ場所で働いていたとしても、そのやり方はその場所でのものなので、職場が変われば今までのやり方をあくまで“選択肢の一つ”として自分の中で受け止める《余裕》が必要になります。

経験があろうがなかろうが、一からのスタートとしての心構えが第一になりますので、ブランクを問題視しない求人は山ほどあります。基礎的な知識さえ身につけていれば、再就職は難しいものではありません。

 

歯科衛生士は勤務場所に制限がない

歯科衛生士の求人サイトをみると分かる通り、歯科衛生士の求人は全国どこにでも溢れかえっています。

人材不足であるからこそ得られるメリットであり、これは歯科衛生士免許の一番の利点です。

勤務地を自由に選ぶことができるので、実家を離れて独立したい方や、結婚や旦那様の転勤などで引っ越しをされる方、色々な場所で生活をしてみたいという自由な方にも、役立つこと間違いなしです。

 

まとめ

歯科衛生士の資格は、比較的“自由度”の高い資格であることがお分かり頂けたかと思います。人生の中で変化の多い女性だからこそ持っておくべき資格といっても過言ではありません。

人生設計を手助けしてくれること間違いなしですので、是非免許取得を目指してみて下さいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • feedly
  • LINEで送る
関連記事
  • コメント
  • トラックバック
コメント
コメントを表示
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

トラックバック
トラックバックを表示
トラックバックURL