• 【ダイエット】産後に骨盤ダイエットがおすすめな理由

【ダイエット】産後に骨盤ダイエットがおすすめな理由

健康
この記事は約 2 分で読めます ( 約 1001 文字 )
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • feedly
  • LINEで送る
産後に骨盤ダイエットがおすすめな理由

産後に骨盤ダイエットがおすすめな理由

産後は思うように体型を元に戻すことができない、と悩んでいる女性は多くいらっしゃいます。

そんな産後太りの原因に「骨盤の歪みが影響」していることをご存知でしょうか?

今回は、そんな産後の骨盤ダイエットの必要性について調べてみたので、産後ダイエットに取り組んでいる方は参考にしてみてくださいね。


産後は骨盤が歪みやすい

女性の体は、妊娠すると女性ホルモンが過剰分泌され体に様々な変化が現れます。

出産に備え、骨盤は緩みやすくなるのもその一つです。

さらに、おなかの赤ちゃんが大きくなると体型もどんどん変化し、骨盤に負担がかかりさらに変形していってしまいます。

出産時は一度骨盤が大きく開いたのち、元の位置へと閉じていきますが、時間をかけて元に戻っていくため、ゆがみが生じてしまう場合も少なくありません。

骨盤の歪みはダイエットの妨げになる

骨盤の歪みは産後の腰痛や便秘などを引き起こすだけでなく、産後ダイエットの妨げにもなります。

歪んだ骨盤のせいで、内蔵は本来の位置よりも下がってしまい、ポッコリおなかが目立つようになります。

さらに血行が悪くなり、リンパも滞りむくみが発生するため、代謝が落ちて痩せにくく太りやすい体質になってしまうのです。

そのためどれだけ頑張っても思うように痩せず、かえって体重が増えてしまったということも起こりうるのです。


産後の骨盤ダイエットは産後6か月までが勝負!

産後は骨盤が歪みやすい時期でもありますが、同時に骨盤が不安定で元の状態に戻しやすい時期でもあります。

産後3か月までは体が産前の状態に戻ろうとする時期であり、6か月からはかえって体型の変化が難しくなってしまいます。

そのためこの時期にきちんと骨盤ケアを行って、正しい位置へと骨盤を整えてあげたいですね。

そうなると体は痩せやすくなるばかりではなく、妊娠前よりもさらに美しいボディラインを手にすることができるかもしれません。

しかし産後1か月は体が非常にデリケートな状態にあります。

無理な運動を行うと、かえって状態は悪化してしまったり不正出血や子宮の戻りが悪くなる原因になってしまいます。

産後の骨盤ケアは1か月検診を終え、医師から問題ないと判断されてから始めていきましょう。

それまでは骨盤ベルトや、産後すぐからできる産褥体操などを取り入れて、体のケアを行うことがおすすめです。

次回は具体的な「産後におすすめな骨盤ダイエットのやり方」をご紹介します。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • feedly
  • LINEで送る
関連記事
  • コメント
  • トラックバック
コメント
コメントを表示
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

トラックバック
トラックバックを表示
トラックバックURL