• 最近店頭でバナナが少なくなってきたのは何故?

最近店頭でバナナが少なくなってきたのは何故?

健康
この記事は約 3 分で読めます
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • feedly
  • LINEで送る
何故バナナは少なくなって来たのか?

何故バナナは少なくなって来たのか?

最近、スーパーなどでバナナの売り切れが多いと思いませんか?

数ヶ月前までは、一房100円前後でたくさん並べられていたバナナが、今は夕方に行くとほとんど売り切れ。

ちょっと高いバナナは売り切れていないけど、安いバナナは何故品薄になっているのでしょうか?

理由はこういうことだったんですね。

↓twitterから


↓サイトから

2018年11月15日付けで、東京都中央区保健所がフィリピン産バナナの残留農薬違反を報告しています。丸紅商事が輸入していたフィリピン産バナナ20トンのロットから、フィプロニルが0.006ppm検出されたとあります。バナナに設定されているフィプロニルの残留基準値は、0.005ppmとなっており、0.001ppmの超過に相当します。

引用:フィリピン産バナナ20トンのロットからフィプロニルが0.006ppm検出 残留基準値を0.001ppm超過【一般社団法人農民連食品分析センター】

本日、以下のとおり輸入者に対して、食品衛生法第26条第3項に基づく検査命令(輸入届出ごとの全ロットに対する検査の義務づけ)を実施することとしたので、お知らせします。
・対象食品等 フィリピン産バナナ、その加工品(簡易な加工に限る)
・検査の項目 フィプロニル
・経緯  検疫所におけるモニタリング検査の結果、フィリピン産バナナからフィプロニルを検出したことから、検査命令を実施するもの

引用:輸入食品に対する検査命令の実施(フィリピン産バナナ、その加工品)

厚生労働省が、フィリピン産バナナを輸入する全ての業者に対し、残留農薬の検査命令を出していたことが19日までに分かった。基準値を超える殺虫剤のフィプロニルの残留が相次いで発覚しているためだ。輸入する全てのバナナにロット単位での検査義務付けは初。同省は解除の時期は未定とし、「まずは原因究明が欠かせない」(輸入食品安全対策室)と説明する。

引用:比産バナナ検査命令 残留農薬相次ぎ発覚 全ロット義務付け


空中で散布する農薬「フィプロニル」の残留基準値が高いというのが問題なんですね。どうやらその検疫がキツくなったために店頭に並ぶバナナの量が減ったということです。

現地(フィリピン)でも農薬の空中散布の被害が大きいようです。

私たちはこれを「毒の雨」と呼んでいますが、農薬の被害に苦しむ村人たちの様子を映像に収めて、YouTubeでも公開しています。特に地域の人たちは、子どもが学校に通う時間帯に空中散布をするのを止めてほしいと訴えていました。プランテーションで働く男性だけでなく、近くに住む女性や子どもにも被害が出ていました。空中散布に苦しんでいる村は本当にたくさんあります。

引用:バナナが食卓に届くまでに何が……?農薬の空中散布と不平等な契約に苦しむ人々を見過ごせない


フィリピンバナナの輸入は日本と中国が1位を争っているぐらい、たくさん入って来ていますし、毎日食べているかたも多いと思います。

 

毎日食べるなら少しでも安いバナナをというのもわかります。でも健康のことを考えたら、またフィリピンの事情も考えたら複雑ですね。

早く農薬基準問題が解決することを望みます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • feedly
  • LINEで送る
関連記事
  • コメント
  • トラックバック
コメント
コメントを表示
コメント投稿

コメント ( 必須 )

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

トラックバック
トラックバックを表示
トラックバックURL