• 「池の水ぜんぶ抜く」で発見した「アリゲーターガー」ってどんな魚?

「池の水ぜんぶ抜く」で発見した「アリゲーターガー」ってどんな魚?

エンタメ
この記事は約 1 分で読めます ( 約 454 文字 )
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • feedly

テレビ東京の人気番組「池の水ぜんぶ抜く」の大作戦が26日午後7時54分から放送されるそうなのですが、その番組内で大阪寝屋川市の山新池で巨大肉食魚「アリゲーターガー」が見つかったことが今日ニュースになってましたΣく(・△・;)

 

アリゲーターガーって名前のインパクトも凄いけど、見た目もすごいんですよねぇ。

淡水魚とは思えない見た目。

(和食料理屋さんにアリゲーターガーが居たので写真を撮らせてもらいました(笑))

 

 

アリゲーターガーは北アメリカ出身の淡水魚なのですが、世界最大級の淡水魚と言われています。

歯もするどいので、ま正面から見るとワニみたいっ

肉食性で、他の魚や甲殻類などを捕食して生きてるんだとか。

 

今まで記録されているなかで最も大きかったアリゲーターガーはなんと!

全長304.8㎝ 体重104.4㎏ !!!だそうなΣく(・△・;)デカっ!!!

 

寝屋川で発見されたアリゲーターガーは日本の環境保全のために捕獲されたみたいです。

日本で生きるお魚たちのためにも、こうした環境保全活動は必須ですね(。>_<。)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • feedly
関連記事
  • コメント
  • トラックバック
コメント
コメントを表示
コメント投稿

お名前 ( 必須 )

メールアドレス ※公開されません ( 必須 )

サイトアドレス ( 必須 )

コメント ( 必須 )

トラックバック
トラックバックを表示
トラックバックURL